ドナルド・トランプ氏が米の次期大統領になることが決まりまし

ドナルド・トランプ氏が米の次期大統領になることが決まりました。民主・調和両党から選出されたラインナップは、いずれも「嫌われヒューマン」同士ということで注目を集めた選挙戦でした。
米を始めとして各国のマスメディアの大方の狙いはヒラリー・クリントン氏が次期大統領になるだろうとのことでしたが、驚きの結局となりました。
今回の選挙戦から覚え得ることがいくつかあるように思います。
ひとつ目に、マスコミがもたらす知らせは決して世間を反映してあるわけではないということです。報道やチャンネルの中には、知らせの送りこぶしの主観的道徳心が織り込まれている場合が多々あるということです。
また、アメリカ合衆国がお手本的民主方針の国々ではないこともウォッチングできたかもしれません。というのは、トランプ氏の当選が確定したその後、各地で反トランプのデモンストレーションが行われているというところから、有権者たちは「選挙」という民主方針における考え方陳列の催事の結果を尊重することができていないことが露呈したわけです。選挙お客様制度はある種の矛盾を探すのかもしれませんが、それが現行のレギュレーションですから、その拒否は素晴らしいことではありません。
今後の米の対応に注目したいところです。出会類不要が噂になっているらしい